株式会社サン機工は主に、鋼材やプレス曲げ材などを曲げる加工機械を製造しています。また規格品のカスタマイズからオーダーメイド機器の制作もしています。
「Skip to Content」をクリックするとコーポレーションサイトなどがあるメニューへ(ページ内リンク)移動します。

Skip to Content



大阪府富田林市 株式会社サン機工の金属工作機械の設計・製作によるベンディングロールDシリーズは、標準型3本ロールでこのタイプの3本ロールでは、もっとも一般的で扱いやすい機種です。

取扱い製品紹介

規格品のカスタマイズ&オーダーメイド制作もしています!お気軽にお問い合わせ下さい。


規格品のカスタマイズやオーダーメイド製作も行っております。サン機工までぜひお気軽にお問い合せください。
サン機工への問い合せは、お電話かメール、または専用のお問い合せフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

サン機工 取扱製品のご案内

ベンディングロールDシリーズ|産業機械製造・金属工作機械の設計製作

ベンディングロールDシリーズ 標準型3本ロール
SRD型:手動式標準3本ロールタイプ
■ 標準型3本ロールの特徴

このタイプの3本ロールは、
もっとも一般的で扱いやすい機種です。


ラインナップとして、2本駆動のSRD型、
3本駆動のSRD‐3型、2本駆動跳ね上げ式のSRD‐S3型と四機種ございます。

各種の特徴

○ SRD型:手動式標準タイプ
このタイプは、板厚が厚く曲げRが大きい作業に適します。

○ SRD-S型:手動式跳上型
このタイプは、基本的にSRD型と同じですが、跳ね上げ機能が付いていて、
品物を取り出すのが、SRD型よりも容易に取り出せます。

○ SRD-3型:
このタイプは、2本駆動より力が有り、2本駆動、もしくは3本駆動とかえることが出来ます。板厚が薄い、曲げ径が小さい場合は3本駆動、板厚が厚く曲げ径が大きい場合は、2本駆動と幅広く活用出来ます。

○ SRD-S型:
このタイプは、SRD-S型とSRD-3型を合わせたタイプで四機種の中では、
もっとも作業能率が高く、作業効率が良くなります。

各種共、曲げ加工する板の長さ、厚みにより、製作、加工致します。
最大能力で板厚、長さ、最小曲げ径をお知らせ下さい。


このページのトップへ
SRD-J 昇降電動ジャッキタイプ
【新開発製品!】

■ SRD-J 昇降電動ジャッキタイプです。
SRD-H  手動式端曲げタイプ
SR-AH  油圧式端曲げタイプ

■ 標準型の3本ロールで曲げますと、
曲げ始めと曲げ終わりの部分が折れ曲がり、Rになりません。


このDS-Hなら、その部分まできれいに曲がります。しかし、1回では曲げられません。
加圧方法は、端曲げする時、かなりの加圧力がいりますので、厚板をされる場合は油圧式タイプが良いと思われます。


※機種により高床型、低床型に分かれます。


SRD-A  手動式アングル兼用タイプ

■ SRD-A 手動式アングル兼用タイプです。
SRD-OA  油圧式標準タイプ

■ SRD-OA 油圧式標準タイプです。
SRD-OHP  油圧式端曲げタイプ

■ SRD-OHP 油圧式端曲げタイプです。
このページのトップへ
Copyright (C) 2009 SUN KIKO Co.,Ltd. All Rights Reserved.